FC2ブログ
パソコン超初心者の春日孝仁がのんびり、のほほんと運営している様々な趣味系のブログ
白金色の協奏曲
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
世界樹の迷宮探索日記Ⅱ・第7章 ~受領クエスト&いよいよキマイラ討伐へ~
2009-01-20-Tue  CATEGORY: 世界樹の迷宮探索日記(Ⅱ版)
-王虎ノ月9日-
前の日記から大分たってしまいましたが、一応、全職のメンバー(主力はLv60越)をようやくLv30台になったので幾つかのクエストとキマイラ討伐に向かいます。(他のメンバーはキマイラ戦を利用して一気に上げていこうと思います。)

…とその前にまだ未回収の宝箱を取っておきます。

†2F†
dh2b.gifフレイヤ(DH)の場合
dh2b.gifフレイヤ;「ふーん、これじゃあ、普通は通れないわね」
ba2a.gifジョニー;「でどうすんだ?。」
dh2b.gifフレイヤ「あたしの鞭なら簡単に届くけど、でも一つだけ条件があるわよ?。」
so2b.gifアラゴルン;「条件は何だ?。」
dh2b.gifフレイヤ;「ダーリン(ジョニー)を今度、一日貸して欲しいのw。」
so2b.gifアラゴルン;「何だ、そんな事なら了承」
me4a.gifアイリス;「了承ねw。」
ba2a.gifジョニー「ちょっと待て!。俺の意見は無視かよっ」
dh2b.gifフレイヤ;「契約成立ねw。それなら任せてw。」
ba2a.gifジョニー「おーい、勝手に話を成立させるな!。」


gu2a.gifクレアの場合
ba1a.gifタクト;「何か奥の茂みに光るものがあるぞ!。」
al3f.gifヴィルヘルム;「…どうやら何かの紋章の様だな。だが距離的に考えれば到底、素手ではまず届きそうにもないな。」
ba1a_.gifタクト;「それならクレアの出番だぜ。」
gu2a.gifクレア「ええっ!。私が撃つんですか!。あの…私で良いんですか?。ヴィヴィーやヨシュアさんの方が私よりよっぽど…。」
ba1a_.gifタクト;「大丈夫だって、クレアならちゃんと当たるって、俺は…信じている」
gu2a.gifクレア;「タクトさん…分かりました、やれるだけやってみます。」

   『クレアの撃った銃弾は紋章の中心部にある宝石に当たり、突風の術式を発動させた!。』

al3f.gifヴィルヘルム;「どうやら術式の様だったな」
ba1a_.gifタクト;「クレアならきっと当たると信じていたぜ!。流石はガンナー」
gu2a.gifクレア「//////あ、あの…ありがとうw。」


†4F†
do3a.gifイシュタル(本名不明)の場合
al3f.gifヴィルヘルム;「と言う事だ。ご覧の通りこの植物は獰猛な食肉植物、そこで君の力を借りたい」
do3a.gifイシュタル(この時点);「成程、これは私の力が必要ね…。…いいわ」
                         
                         『数分後…』

gu2a.gifクレア「あの…。この粘液って何ですか?。」
ba1a.gifタクト「少しベトベトする上に変なにおい、これって一体、何だ?。」
do3a.gifイシュタル;「これについて聞きたい?。…後悔するわ」
gu2a.gifクレア「!!!。いいえ、やっぱり結構です!。」
ba1a.gifタクト「おっと!。俺もパス」
do3a.gifイシュタル;「ふふ…あら、残念ね」
al3a.gifヴィルヘルム;「(どうやら一種の保護膜の様だな。あの植物の嗅覚を鈍らせる効果を持っているようだな…実に興味深い)」


bu2b.gifなつめの場合
so2b.gifアラゴルン;「ふーむ、5つの紐の内、1つ以外は全て何かの仕掛けを作動させる装置みたいだな」
al3a.gifヴィルヘルム;「だが逆に言えば見破るのが難しいと言えるな。下手に作動させれば魔物を呼び寄せる事にもなりかねんからな。…ここは諦めるか。」
bu2b.gifなつめ;「ちょっと待ってください。私が行ってみます。」
pa3b.gifレオン;「!駄目だ!。何かの罠が作動する!。君を危険に巻き込ませたくない。」
bu2b.gifなつめ;「レオンさん…大丈夫です、私に任せてください。」
             
                『背を伸ばし、地面に膝で座り、ゆっくりと目を瞑った。』

bu2b.gifなつめ;「………これですっ!」

                『白刃が閃き、罠の内、1本の紐を切断した!』

so2b.gifアラゴルン「…これが東の国の『居合い抜き』って言う技だな」
bu2b.gifなつめ;「(鞘を元に戻した)…これで罠は解除されたんですねw。」
pa3b.gifレオン;「なつめさん、何処も怪我は無いですか?。」
bu2b.gifなつめ;「レオンさん、私は無事ですよw。それよりもみんなや何よりもレオンさんのお力になれて良かったですw。」
pa3b.gifレオン「なつめさん//////」
al3f.gifヴィルヘルム;「やれやれ…先に行っているぞ」
                     
                       『アームガードを手に入れた』


【受領クエスト】
・ホラ吹きチャップマンの一つの真実
al3f.gifヴィルヘルム;「やれやれ、ホラ吹きの老人の話に普通、信憑性はまず皆無なんだがな。」
so2b.gifアラゴルン;「そうか?。結構、面白い話だと思うけどな、『月の涙』の話は」
me4a.gifアイリス;「そうね、浪漫があって私も嫌いじゃないけど」
pa3b.gifレオン;「取りあえず、5Fを探してみましょう。」
                          
                      5Fのとある場所

pa3b.gifレオン「?。なつめさん、どうしました?。」
bu2b.gifなつめ;「?。レオンさん、ここの場所ってこんなに輝いていましたか?。」
pa3b.gifレオン;「…確かに妙に何か柔らかいですね。」
bu2b.gifなつめ;「私、アイリスさん達に知らせてきます。」

                           【数分後】

al3f.gifヴィルヘルム;「…確かに普通の地面とは何かが明らかに違うな。それに」
so2b.gifアラゴルン「それにって何だ?。」
al3f.gifヴィルヘルム;「苔が自生している。こんな場所にこの植物が自生しているのは、普通はおかしい」
so2b.gifアラゴルン;「と言う事は?」
me4a.gifアイリス;「!。水が溢れてきているわ」

            数分後、その場所は水が溢れ出し、小さな浅瀬に変わった。

so2b.gifアラゴルン;「成程、確かに『月の涙』って訳だな。」
me4a.gifアイリス「小さいけど綺麗な泉ねw。」
                       
                         『月の涙を手に入れた』



長くなってしまったので一先ず、ここまで
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 白金色の協奏曲. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。