FC2ブログ
パソコン超初心者の春日孝仁がのんびり、のほほんと運営している様々な趣味系のブログ
白金色の協奏曲
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
世界樹の迷宮探索日記Ⅱ・第21章 ~桜ノ立橋での探索&死闘~
2009-02-25-Wed  CATEGORY: 世界樹の迷宮探索日記(Ⅱ版)
さて長らく更新していませんでしたが第四階層・桜ノ立橋での探索&死闘をば。


【-16F-】
・最初の第4階層と言った感じで、そこまで難しいと思わなかったですが最初の永劫の玄王が意外にも強敵だった…。前回の氷属性のブレスが「破壊の顎」に変化したのが結構厄介、そのせいでなつめがまたもや…。前回の感覚で行くと本当に後悔するぜ…。
・また樹海の雷王が割と手強かったが、それ以外では余りたいして強い雑魚はいなかった。(と言うより新規以外のほとんどの敵が前回の第2階層に出てきたキャラが昇格していたのでこっちの感覚的には楽勝でした)
・逆に第2階層で再び登場した毒沼トラップがまたしても厄介に…。

【-17&18F-】
・ここから落とし穴を使わないと行けない通路が増えて行ったので厄介でした…。特に幻惑の飛南瓜のオールボンテージ「洗脳音頭」が殺意を覚える程に…。
・隠し通路だらけは正直言って疲れました…。
・まずは落とし穴から世界樹の鍵を持つ衛士を捜索、その後は一時中断して各層の鍵付き通路を新たに探索、9Fの落とし穴だらけ&毒沼だらけの通路が異常に厄介でした。

【-19F-】
bu2b.gifなつめ「綺麗…。まるで空に桜が咲いている様です…。」
と言わんばかりの”まさに絶景”でしたw。
・多分、新旧の世界樹の景色の中でも個人的にはNO.1の景色なのではないかと思いますw。
・でも移動する足場の地図を作成するのはちょっと骨が折れましたが、17&18Fの隠し通路と毒沼トラップに比べれば、そこまで苦労しませんでしたw。
・やっぱり空中を浮かんでいる絶景は反則だと思います。昼夜で見ると桜が綺麗に映えます。


【-f.o.e.-】
・永劫の玄王…さっきも書きましたがスキルが前回のブレスから物理の「破壊の顎」に変更していたので苦戦しました。
・樹海の雷王…同じ炎王とは違って強敵でしたが、ヴィルヘルムの核熱が役に立ちました。
・幻惑の飛南瓜…「洗脳音頭」でのオールボンテが予想以上に厄介でしたが、ドロップ条件の「全縛り状態」にするのも苦戦
・死を呼ぶ妖鳥…石化以外ではそれほど強敵では無かったです。


・さて、今現在は20Fまで到達しましたので全メンバーを絶賛鍛錬中ですが、17Fではいよいよnpc2_16a.gif翼人達も登場してきましたし、再び公宮に現れたnpc2_07a.gif姫さんもラガート公国の伝承に踏み込んだ意味深な発言が出てきていますし、いよいよ物語の核心部へ迫っていっている感じがしてきます。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 白金色の協奏曲. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。