FC2ブログ
パソコン超初心者の春日孝仁がのんびり、のほほんと運営している様々な趣味系のブログ
白金色の協奏曲
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
SAKURA~雪月華~ラジオドラマ ~上代放送局~ 第壱回放送・前編
2008-11-13-Thu  CATEGORY: SAKURA~雪月華~ラジオドラマ
…3
……2
………1

ナレーション『今日から始まりました、オールナイト・~SAKURA~雪月華~』

♪♪♪♪~(某オールナイトラジオのBGM)

深海慎「さって、まぁ、んな事で始まった此処の管理人のえらい自己満足WBEドラマ小説「オールナイト・~SAKURA~雪月華、司会進行は小雪ちゅわ~ん一筋のイケメン、深海慎や」

九十九奈々「副司会の九十九奈々だよ~♪」

深海優子「そして総合司会の深海優子よ」

深海慎「って、何で馬鹿姉貴がいんねん!。」

慎が突っ込みを入れた瞬間、木刀の一撃が慎の脳天に直撃する!!!。

深海慎「うぎゃあー!!!。…たった一人の弟に何すんねん!。この馬鹿姉貴!。」

深海優子「誰が…馬鹿姉貴ですって!。」

木刀を持って仁王立ちになる優子

深海慎「申し訳ございませんでした、御姉様」

深海優子「ふん…命拾いしたようね。」

九十九奈々「でも先輩が何で此処にいるんですか?。」

深海優子「この頭下げている愚弟が何を仕出かすか分からないからここにいるのよ。」

深海慎「うぅ…何ちゅう言い草や…

深海優子「と言う訳でこの馬鹿が何か仕出かすか分からないから様子を観させて貰うわよ。(主に小雪関連)」

深海慎「やりにくいわ~」

再び木刀に手を掛けようとする優子

深海慎「見守っていてください、御姉様」

後編に続く!。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 白金色の協奏曲. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。