FC2ブログ
パソコン超初心者の春日孝仁がのんびり、のほほんと運営している様々な趣味系のブログ
白金色の協奏曲
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
世界樹の迷宮探索日記Ⅱ・番外編 ~天空の上帝に挑む為の荒行~
2009-03-19-Thu  CATEGORY: 世界樹の迷宮探索日記(Ⅱ版)
前回の更新から大分経ってしまいましたが、今現在はアラゴルン&アイリス+バード三人組のレベル底上げにチャレンジしていますw。

so2b.gifアラゴルン;Lv85~90まで予定
me4a.gifアイリス;Lv85~90まで予定

ba2a.gifジョニー;Lv80までの予定
・中継地点(チーム育成)の一人、バードがある程度強ければ他のメンツを上げやすくなるので
ba4a.gifクララ;上記と同じく
・魅惑の夜想曲での誘発係
ba3b.gifアンナ;上記と同じく

他のメンバー;Lv75まで上げる予定

と言う感じで19・20F、25Fのバーロー様直前で経験値稼ぎしていますw。
バーロー様に挑戦するのは大分先ですが温かい目で見て下さい。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
世界樹の迷宮探索日記Ⅱ・第28章 ~黒き獣は全てを滅ぼす無慈悲な守護者~
2009-03-06-Fri  CATEGORY: 世界樹の迷宮探索日記(Ⅱ版)
ハイ・ラガート暦
-怒猪ノ月21日(夜)-
・さていよいよ、バーロー様の誇る黒き守護者・ジャガーノートに挑みます!。

【-対・ジャガーノート迎撃隊-】
†前衛†
so2b.gifアラゴルン;通常攻撃+フルゲイン
dh2b.gifフレイヤ;オールボンテ→エクスタシー

†後衛†
ca3b.gifクロウリー;変化の呪言→ペイントレード
al3f.gifヴィルヘルム;核熱の術式+超核熱の術式
me4a.gifアイリス;回復担当

【感想】
・行く手を阻むボスのトリなので正直、緊張しました。
・しかし、変化の呪言の効果が効いたおかげでフルゲインやエクスタシー、超核熱の術式の三点攻撃で無事に撃破しました。(クロウリーとヴィルヘルムにブン廻しの攻撃が当たったものの何とか踏ん張ってくれました。)
・かなり緊張していた分、あっさり倒せたのは意外でした。

-過去の音声-
al3f.gifヴィルヘルム「これがジョニーの言っていた録音データか…。」

(ネタバレになるので控えます。)

al3f.gifヴィルヘルム「機械の体か…。成程、この階層にいた剣兵達、いや先代の冒険者達だった者があの様な姿に変わっていたのはその研究の一環だったという訳だな。」
ca3b.gifクロウリー「…しかし恒久の体躯には虚しい音のみが聞こえる。」
me4a.gifアイリス「それにしてもこの声の主の言っていた。『貴方』って誰なのかしら?。」
dh2b.gifフレイヤ「さあね、見当もつかないけど、多分その主の恋人だった人じゃないの?。」
so2b.gifアラゴルン「箱舟計画か…。一体何を考えていたんだろうな。」
al3f.gifヴィルヘルム「箱舟か…。古き伝承によれば昔、世界が滅亡する際に生き残った人類が乗り込んだ舟だとされているが、…どうやらこの声の主と言い、階を登る際に聞こえる謎の声、…事は繋がったようだな。」


と言う事でいよいよバーロー様まで後、1Fの24Fまで行きますが当分は再び荒行タイムに移行します。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
世界樹の迷宮探索日記Ⅱ・第27章 ~赤き焔の大蜥蜴への再戦~
2009-03-06-Fri  CATEGORY: 世界樹の迷宮探索日記(Ⅱ版)
ハイ・ラガート歴
-怒猪ノ月21日-
ジャガーノートに挑む前にサラマンドラのレアドロップを手に入れるべく、再戦してきました。


【サラマンドラ・討伐隊】(レアドロップ編)
†前衛†
so2b.gifアラゴルン;通常攻撃(ただし、レアドロップの為、火劇の序曲を付加)
ba2a.gifジョニー;耐邪の鎮魂歌→耐壊ミスト→火劇の序曲
・裏方担当、もしもの保険の為、耐邪で即死を阻止、後はミストと属性付加の一曲を担当しました。
dh2b.gifフレイヤ;オールボンテ(フォース)→エクスタシーを一撃→後はアナコンダで一打ち
・前回同様の主力、何気に前回と同じですが今回は攻撃力が高いのでかなり削れました。

†後衛†
ca3b.gifクロウリー;変化の呪言→ペイントレードで削る。
・裏方・Ⅱ、彼の変化が無ければ火属性での攻撃で倒せなかった。
me4a.gifアイリス;回復担当+耐熱ミストを散布

【感想】
・ある意味、ジャガーノートより強敵なので倒せるのだろうかと冷や冷やしながらの挑戦でしたが無事にレアドロップの入手に成功しました。
・実は今回の勝負以前に何度か挑みましたがことごとく返り討ちにあったのでその仕返し分も兼ねて撃破出来ました。
・これでgu2a.gifドジっ娘ガンナークレアに良いお土産が出来ました。
・お次はワイバーンに挑むかも…???。

さて、今度こそジャガーノートに挑みます!。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
世界樹の迷宮探索日記Ⅱ・第26章 ~金色に輝く城内と人ならざる者達、そして忘却の記憶~
2009-03-05-Thu  CATEGORY: 世界樹の迷宮探索日記(Ⅱ版)
ハイ・ラガート暦
-怒猪ノ月21日まで-
・さて探索も一段落して来たので宇宙船(=第五階層・天ノ盤座)についてをば。
†21F†

so2b.gifアラゴルン「今の声は何だったんだ?。」
al3f.gifヴィルヘルム「どうやら、この城もとい船の主らしき人物の声だな…。最も人ではない可能性が高いがな。」
me4a.gifアイリス「でも頭の中から聞こえて来る様な感じの声ね。」
so2b.gifアラゴルン「この声も例の主の技術っていった所だな。」
al3f.gifヴィルヘルム「少なくともあの調子の事だ。この船には何かしらの仕掛けがあっても不思議ではないな。注意するに越した事はない。」


・とにかくだだっ広い城内の上に滑る床以来の一定方向しか動く事が出来ない何て言うか…ベルトコンベアーのおかげで探索するのに苦労する。

・敵は前回から異例の出世を遂げたマンドラゴラも出現、「金切り声」の即死攻撃は鬼だと思った…。

・おまけに漆黒の魔騎士は物理攻撃が効かない効かない。初見で数ターン後の全体攻撃(+即死)で危うく全滅寸前に、何とか逃げ切った後はdh2b.gifフレイヤの縛り+エクスタシーやca1a.gifソフィアやca3b.gifクロウリーの「変化の呪言」のおかげで倒しやすく、本当に強力なスキルだと改めて感じました。

【-f.o.e.-】
・漆黒の魔騎士…巷では兜の下はヤンデレ説のある黒騎士、即死攻撃がキツイので耐邪は必須、それと変化の呪言も。この二つがあれば柔らかくなる。

-過去の音声-
ba2a.gifジョニー「ん?。何かボタンみたいなモンがあるぞ?。」
ca3b.gifクロウリー「……。」
dh2b.gifフレイヤ「ちょっと、ダーリン不用意に押しちゃあ…」

(ネタバレになるので控えます)

ba2a.gifジョニー「…何じゃこりゃ?。」
dh2b.gifフレイヤ「…何かのメッセージかなぁ?。」
ca3b.gifクロウリー「…過ぎ去りし日…楽園…。」


†22F†

ba2a.gifジョニー「随分な挑発だな。」
so2b.gifアラゴルン「自然の摂理を超えるだなんて随分、傲慢な奴だな。しかも生贄扱いとはな。」
me4a.gifアイリス「とにかく注意して進んだ方がよさそうね。」


・移動床に加えてノヅチの頭&足縛りが非常に厄介、おかげでマップを完成させるのに苦労しました。
・ここのf.o.e.は幸い、オールボンテの教訓が生かされて難なく倒せますが「悪夢の晩餐」は危険です。普通に。

【-f.o.e.-】
・全てを喰らう魔竜…頭さえ縛ればかなり弱体化出来るものの、基本的には強いのでDHが無いと泣きを喰らう相手。縛り対策を忘れずに。



ba2a.gifジョニー「ここにもあるな…ポチっとな。」

(ネタバレになるので控えます)

ba2a.gifジョニー「テロメアだの遺伝子だの…。何の事だ?。」
me4a.gifアイリス「テロメアに遺伝子って生物の構造物質の一つね。テロメアは生物の寿命、遺伝子は生物の地図みたいなものね。でも、これって何かの生物実験の…ひょっとして…。」
so2b.gifアラゴルン「どうやら俺達が相手にした上帝って奴は想像以上に厄介なのは分かったな。」


†23F†

ba2a.gifジョニー「流石の俺も少しはカチンと来たぜ…あの野郎、とことんふざけているな。」
me4a.gifアイリス「人の命を道具扱いするなんて…。」
so2b.gifアラゴルン「久しぶりに心から冷酷になれそうだな…あの上帝には。」
al3f.gifヴィルヘルム「同感だな…私も不快だ。同じ研究者として決して相容れないな。例え不死の研究目的だとしてでもだ。」

・ここの階は敵がエンカウントしてこない反面、緋緋色の剣兵、漆黒の魔騎士がこれでもかっ!。という感じで見張っています。

【-f.o.e.-】
・緋緋色の剣兵…殺戮の光刃が致死ダメージと言う強敵、この敵には本当にオールボンテ+エクスタシー、ジエンドが凄い効果を出してくれますが、ソフィア&クロウリーの「変化の呪言」で物理攻撃が効きやすくなるからこそ、本当にこの両者が居なかったら確実に死んでいます。(ちなみに3ターン撃破が出来たので緋緋色金の光剣を無事にゲットしましたw。)
・銀板の監視者…とにかくうじゃうじゃ沸くf.o.e.と言うより雑魚敵に近い感触、人海戦術が基本なので縛られるのが厄介。

次はいよいよ最強の門番・ジャガーノートと対決します!。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
世界樹の迷宮探索日記Ⅱ・第25章 ~天に鎮座するは古の孤城~
2009-03-01-Sun  CATEGORY: 世界樹の迷宮探索日記(Ⅱ版)
ハイ・ラガート暦
-戌神ノ月24日-
so2b.gifアラゴルン「…エトリアの真実も凄かったけど、ここも凄い事実だよな…。」
me4a.gifアイリス「…城って言うより何かの船みたいね。」
dh2b.gifフレイヤ「……。」
ca4b.gifファウスト「どうやら…これが古の城と呼べる存在か…。」
al3f.gifヴィルヘルム「どうやら、私の考えていた事実以上だな。…いや少なくとも想定外だ。」


春(=第四)夏(=第一?)秋(=第二)冬(=第三・)の季節の次に待っていたのは宇宙船(=第五階層・天ノ盤座)でした。
まさに某ファイル張りに凄い展開にびっくり♪。(エトリアが実は新宿の上に立っていた事実も凄かったですが)
まさにアブダクションっぽい展開でした。…すんません、巷でバーローと呼ばれていたので、舐めていましたが凄いものを造ったなと感心しました。
いやほんと。

さて、当分は地図作成作業も兼ねつつ、荒行タイムに移行します。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0


余白 Copyright © 2005 白金色の協奏曲. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。